チラシ

人との接触をなるべく減らすという試みの中で、これはやはり必要でした。

チラシ、フライヤーという広く根付いた宣伝の手法に対して、その形態を持たない情報がどこまで拡散されるのか。ホームページを立ち上げて、各コンサート情報サイトに登録するなどネットで閲覧することをベースに進めて様子を見ていましたが。

やはりデータであったとしても親しみのあるチラシの形にまとめられたものが目に止まりやすく、認知されやすいのだと感じます。

ということで、あと1週間となったところで簡素ではありますがチラシスタイルにまとめました。この写真、何度見てもほっこりするんだよなぁ。。

New Standards for Concert

コロナウイルス感染症の流行をきっかけに問われる、音楽の舞台公演の在り方を考えていくサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000