観客を伴うコンサート

ご紹介が遅れましたが。以前公開されたガイドラインは無観客に関するものですが、来場者を含めての公演主催者に関するガイドラインが公開されています。

٥\�7;������>1�/~������/�=��Vm��ƀo���?���=&-B�K�#~�E�+����gR�� n#�� 3�»� Q�5-"+�%�ف��0i� �F�o̗� I��}���(���G������^_���w�j3i���M���Op+N���K+���T��?20�ǵK��m *p�O�;��z]��������9.WsY??��Q����U�kv� �a.�jN� �OU9�T> ǖ��]򥧴V4\�5-�z^�� {����ʾW�&�x�:��V��E��ro�_+�����u5�F�.�=E�xC�:�t .�Pc��S�?��k���39K�r����T��c�ҹ��JSt祐��z��-�Gw�����q^xnGJ�~k��&�Ԧ��h���ms+��IGr���c�ƢcW7[~2ԭuO���I��B6�NՅ�'���JZ����(���0= -I�b�?����5?�V�ƽ;����5?�V�����2�w���Ǽ����n��k�r���6�Y."/Rs_RO���k��^�i��[�T��uWn��5�ev�yYd�!RKt�i���Og�� YHϕ�:�������V���a�!��n��j�?z�����^�KP�����#,�8�HW��MJq��7�c+bd��D��(x�4(��h}�gϷ����k�O� �����I�77i$V6��+��ҽ�/ h0�y ��� TdԪNz�oS0�ԯ�c�a����������$��VlGy�����| m�,z��-��Y���q]v��� i~ iӠ�-�1�]����b1��E: W���x�–z?��4�s�v8�9(s���4��z'���I/�Z�i;v�?t ��ټ]�)7wD�x��Y�V���u��~/��v��`xҴI-{�S�Rn4T����)���O�g�������������� ���l<3�%��ۙ���~�}*��6���e��&z5�¶N�EWa��EPEPEPEPEPEPEPEPEPEPEP\���

www.jame.or.jp

注目するべき点は、随所にデジタル化を推奨していること、感染症の流行状況による開催の是非の判断を当日直前まで注視しておくこと、出演者やスタッフなど感染の疑いがある者は勇気を持って業務から外れ主催者はバックアップが取れるように準備しておくことという部分です。私たちが慣例的に陥りがちな「責任感」や「他者からの視線を気にすること」によってガイドラインから外れてしまうということがないように、なんとしても生舞台を守るという意気込みを感じます。

デジタル化の一環に、電子チケットの取り扱いや接触者確認アプリCOCOAをインストールしておくことなどかなり踏み込んだ対応が求められています。これが変わっていくということなのかもしれませんが、使い慣れない方に取ってはハードルが高く感じられると思います。

また、事前に来場者に対する健康などの調査の例も詳しく挙げられていますが、これもできる限りオンラインでするように呼び掛けられています。

このように、来場者に対しての呼びかけが随所で必要とされているのですが、この複雑なデジタル化の部分も含め来場者に対してどのように周知していくのが良いのでしょうか?

先日の大規模クラスター発生事案の小劇場でもガイドラインに沿って来場者への呼びかけは行われていたが、来場者が確実に実行していたとは言い切れないとの話も聞かれます。果たしてこの「呼びかけ」という心からのお願いを来場者に守ってもらう方法はあるのでしょうか?

業種別のガイドラインは私たち「業者」の立場からすると仕事をする上で非常に重要ですから、注目して熟読する方が多いと思います。

でもそのガイドラインを対象者ではないお客さんの立場として事前にチェックすることは難しいでしょう。

これから経済活動が広がって趣味や娯楽の再開が活発になる時期を迎えるにあたって、安心して楽しむための「お客さん向けガイドライン」や前例が示されることが「業者」にとっても安心して迎え入れる一つの助けになるように感じます。

New Standards for Concert

コロナウイルス感染症の流行をきっかけに問われる、音楽の舞台公演の在り方を考えていくサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000